癌の転移は防げるのか|運命がガラッと変わる

女医

女性に多い乳がん

女医

乳がんは、女性に多い胸の病気ですから、女性の方は30歳を超えたら年に1回は乳がん検診を行うようにします。また、しこりなどを確認できれば乳がんを把握できる可能性がありますが、初期状態では症状を把握しにくいですので、乳がん検診が大事になってきます。

Read

選択肢を広げてみよう

患者

いろいろな方法を探ろう

癌が転移してしまうことはよくあることです。しかし、ここで諦めてはいけません。まだ治療法はあります。いろいろな方法を探ってみることが大切です。そのためには、信頼できる病院や医師を探すことが重要となってきます。これまで通っていた病院や医師ではなく、セカンドオピニオンも視野に入れてみましょう。他の病院や医師の方が、もっと良い治療法を提案してくれるかもしれないからです。また、他の病院や医師が診察をしてくれることで、癌の転移に関する情報をより深く知ることができる場合もあります。選択肢はどんどん広げてみることが大切です。最近はいろいろな治療法があります。もちろん、患者の意志が一番大切です。できるだけ負担のかからない方法を選択しましょう。

外科的手術なしでもできる

癌の転移と言っても、部位によっては外科的手術をせずに済むこともあります。まずは癌の転移状態をじっくりと調べることが大切です。その上で、担当医とよく話し合ってみましょう。外科的手術以外となると、たいてい放射線治療やホルモン療法といったものがとられることになります。また、薬物療法も重要です。いろいろな治療法を組み合わせることもあります。ただし、人によってどの組み合わせ方が適しているのか、これは違ってきます。実際にやってみて合わないこともあるので、長期に渡って模索しなくてはなりません。費用面なども考慮した上で選択しましょう。また、入院せずに通院治療ができることもあります。少しでも心と体の負担をなくすことが重要です。

早期にがんを発見しよう

病室

乳がんは他のがんに比べると、自分で発見しやすいがんなので、普段から視触診をしたり、乳腺外科で乳がん検診を受ける必要があります。現代は超早期で発見できると、体に負担が少なく傷跡が目立ちにくい治療も受けられます。

Read

脳のがん・症状と治療方法

病院

脳腫瘍には悪性と良性の2タイプに分けられます。当初は自覚症状がありませんが、進行すると継続的な頭痛や嘔吐などの症状がみられる場合があります。罹患するタイプには、他の病気が転移したものと、脳組織ががん化したものがあります。早期に外科手術が必要となります。

Read