脳のがん・症状と治療方法|癌の転移は防げるのか|運命がガラッと変わる

癌の転移は防げるのか|運命がガラッと変わる

男女

脳のがん・症状と治療方法

病院

初期症状とその特徴

脳腫瘍は脳内に異常な細胞が出来ることにより、脳内の正常な細胞へ悪影響を及ぼします。重要な神経の働きを阻害することになりますので、身体に様々な障害が発生する可能性が病気です。主な影響は、腫瘍の増殖により脳内が圧迫されることによる機能不全ですが、進行速度が遅いために当初は自覚症状がない場合が多くあります。頭蓋内を圧迫する程度が高まってくると、頭痛が慢性化する傾向がありますので注意が必要となります。他の要因による頭痛と比べても継続的に発生するところに特徴があります。その他の症状には、吐き気、目の充血など明確なサインが現れてきます。脳腫瘍による軽微なサインを見逃さず、早期に診断を受けることが望ましいのですが、見逃してしまい末期の症状になると失神や、全身が痙攣するなど重篤な症状が見られることなります。

診断方法と治療

発症した箇所や脳腫瘍のタイプにより悪性、良性に部類され、選択される治療方法が異なり、治療後の予後の程度も大きく異なります。発症する態様は、脳組織ががん細胞に侵されるケースと、他の臓器ががんに罹患しており、転移した結果のいずれかとなります。脳組織がダイレクトに腫瘍となったものは、症状によって細かく分類されており、一部のタイプは短期間で症状が悪化するものもあり、リスクが大変高いものとなりますので放置できません。診断は脳血管の造影検査による画像診断が主流となっており、腫瘍の位置や状態を確認の上で、脳腫瘍の一部を採取して検査を行います。有効な治療方法は、外科手術により腫瘍をすべて取り除くことが最善の方法ですが、必ずしも全ての腫瘍を取り除けるとは限りません。